永代供養できる納骨堂は費用や環境が成長しているところへ!

数珠

納骨堂を探す

時代の変化とともに、最近の霊園や墓地には永代供養付きとかかれてものが多くみられます。京都においても、近親者がなく一人で埋葬されることも珍しいことではなく、あえて京都に眠ることを希望する方も増えてきました。

手

お墓を大切にしよう

お墓が集まる霊園が近年都会、特に神奈川県で多くなっています。霊園でお墓を建てるときは、まず管理事務所に問い合わせをしてお墓のデザインを決めたのち、建設場所や広さを決定します。その後お墓が作られ、完成後に遺骨を埋めることとなります。霊園を利用する際、出入りは基本自由で、清掃等も管理事務所で対応します。

お墓

一生に一度の場所選び

霊園にもそれぞれ特徴がありますが、選ぶ際にはなるべく近場にある埼玉の霊園を選びましょう。年配の方でも、足を運ぶのに苦労しない土地であることが肝心です。駐車場を完備していたり、交通機関が充実している場所にある霊園がおすすめです。墓石や管理費によって料金は異なるので、一度見積もりを出してもらいましょう。

近くで安眠できます

線香

身近で語り掛ける

東京での納骨堂は、進化し続けています。最近の終活ブームにのり、納骨堂であっても生前の購入も可能ですので、見学コースにプラスしてみてください。最新の建物の美しさと、明るい雰囲気に驚かれると思います。宗教や慣習から解き放された納骨堂では、いつでも会いたいときに訪れて語り掛けることができます。宗教的な儀式などは、購入されたお客様自身で自由に行えるようです。永代供養をお考えの方にも、家族に頼らず安眠できる場所があるのはうれしいことですね。最長33年を過ぎると合同葬に移動されますが、ご遺族の意向で永代供養を続けることもできます。亡くなった後のことをしっかりと考え向き合っていく方が、増えてきています。こうありたいという希望を受け入れてくれるお墓がきっと見つかるはずですので、東京の街を気長に巡ってみてください。東京の納骨堂には、おおまかに仏壇式とロッカー型、位牌式などがあります。さらに、機械式稼動型も完成しています。登録されたカードを差し込むと、お参りしたいお墓が正面に移動してきます。故障の際は再度出直さなくてはならないので、今後の管理に期待したいところですね。仏壇式は下段に納骨できるタイプ、ロッカー式はほとんどが骨壺2つまでが収納でき、すぐ近くに存在することが感じられるので人気があります。位牌式では、納骨はお参りする位牌とは別のところにあるようなので、寂しいかも知れません。。実家から離れて東京で生活している方も多く、地方から改葬することもできますし、逆に東京を離れる場合には、永代供養をお忘れなくおでかけください。合同葬であっても永代供養をしてくれます。